表紙

交響曲第一番/岸田繁/SJ 801

ベンダー
ショット・ミュージック
通常価格
¥1,900
セール価格
¥1,900
配送料は決済手続き時に計算されます。
返品について基本的に返品はお受けできませんのでご了承ください。ただし、商品配送中の事故による破損、または商品誤送の場合に限り交換いたします。( → 返品・返金について

商品名
岸田繁:交響曲第一番
Name of item
KISHIDA, Shigeru: Symphony No. 1
楽器編成
オーケストラのための
商品構成
スコア(ポケット)
ページ数
164ページ
版型・製本の種類
A5判
注文番号
SJ 801
ISMN
M-65001-283-6
ISBN
978-4-89066-801-4
JAN
1923073019009
出版社
ショット・ミュージック株式会社
税別価格
¥1900(税別)

岸田繁作曲、《交響曲第一番》(2016)は、岸田自身の地元である京都の自治体オーケストラとして60年以上の歴史を誇る京都市交響楽団の委嘱作品として作曲され、2016年12月4日にロームシアター京都で、広上淳一指揮、京都市交響楽団の演奏により初演が行われた。

作品は全5楽章。古典から近代のクラシック音楽の影響を聴き取れる響きのなかで、ところどころにブラジル音楽や東欧のロマ音楽、そして雅楽などの要素が感じられる。

演奏用楽譜は昨年8月より既にレンタル開始されているが、加えてポケットスコアが手に取りやすいA5判の大きさで、新刊としてリリースされる。

同作品は、2017年にリリースされたCD『岸田繁 /「交響曲第一番」初演』[VICC-60944]に収録されている。同CDには、表題作のほか、岸田の作曲による《Quruliの主題による狂詩曲》《管弦楽のためのシチリア風舞曲》といったオーケストラのための作品も収録されている。