表紙

エチュード I-VI/細川俊夫/SJ 1180

ベンダー
ショット・ミュージック
通常価格
¥4,500
セール価格
¥4,500
配送料は決済手続き時に計算されます。
返品について基本的に返品はお受けできませんのでご了承ください。ただし、商品配送中の事故による破損、または商品誤送の場合に限り交換いたします。( → 返品・返金について

商品名
細川俊夫:エチュード I-VI
Name of item
HOSOKAWA, Toshio: Etude I-VI
楽器編成
ピアノのための
商品構成
ソロ譜
ページ数
60ページ
版型・製本の種類
菊倍判 並製本
注文番号
SJ 1180
ISMN
M-65001-267-6
ISBN
978-4-89066-484-9
JAN
1923073045008
出版社
ショット・ミュージック株式会社
税別価格
¥4500(税別)

収録曲

  • エチュード I ―2 つの線― (2011/2012)[ca. 5'15"]
  • エチュード II ―点と線― (2012)[ca. 7'00"]
  • エチュード III ― 書(カリグラフィー)、俳句、1 つの線― (2013/2014)[ca. 2'10"]
  • エチュード IV ―あやとり、2 つの手による魔法(呪術)、3 つの線― (2013)[ca. 9'30"]
  • エチュード V ―怒り― (2013)[ca. 3'30"]
  • エチュード VI ―歌、リート― (2013/2014)[ca. 5'00"]

細川俊夫が2011年から2013年までの間に作曲した、ピアノのための《エチュード》全6曲を収録。各曲では、その副題が象徴的に表しているように、それぞれの作曲のうえでのアイデアと細川の美学が明確に表現されている。技巧的要求も充分に高い《エチュード》は、演奏会用ピアノ音楽の新たなレパートリーとなるだろう。第1曲は2011年に第58回ブゾーニ国際ピアノコンクールの本選課題曲として作曲され、2012年に改訂された後、伊藤恵が改訂版の初演を行った。第2曲は中電不動産株式会社の委嘱によって作曲され、小菅優によって初演されている。第3曲から第6曲はルツェルン音楽祭、東京オペラシティ文化財団、ウィグモア・ホール(ホフマン財団のアンドレ・ホフマン氏から助成を受けて)の共同委嘱によって作曲され、児玉桃が2013年11月にルツェルン・ピアノ音楽祭で初演を行った。同演奏会で児玉は全6曲を演奏している。